空調機器メンテナンス

空調機器メンテナンス
のご紹介

こちらのページでは昭和電機の空調機器メンテナンス事業について紹介しています。一概に空調機器メンテナンスといってもフロン点検や空調機器の洗浄等、行うべきことは多岐にわたっています。昭和電機では、お客様毎に必要なメンテナンスを行います。

よくあるお困りごと

  • 冷媒フロン点検をまだ実施していない

  • 冷暖房の効きが悪い

  • 空調設備の台帳がまとまっていない

  • 空調機器運転時に嫌な臭いがする

  • 空調機器が老朽化している

フロン排出の抑制

昭和電機では、冷媒フロンの点検も行っています。フロン排出抑制法に伴った簡易点検や定期点検を行っています。

簡易点検と定期点検

点検名
対象機器
点検内容
点検頻度
点検実施者

簡易
点検

全ての第一種特定製品

(業務用の冷凍空調機器)

・冷凍冷蔵庫の庫内温度

・冷凍冷蔵庫からの異音、外観(配管含む)の損傷、腐食、錆び、油にじみや熱交換器の霜付き等の冷媒として充填されているフロン類の徴候有無

・3ヶ月に1回以上
・具体的な制限なし
定期
点検
第一種特定製品のうち、一定規模以上の業務用冷凍空調機器

・定期的に冷媒漏えい検査の実施、記録、保存する

・機器から漏えいしたフロンの量を計算して、県を通して国へ報告する

7.5kW以上の冷凍冷蔵機器の場合:1年に1回以上

50 kW以上の空調機器の場合:1年に1回以上

7.5kW~50kWの空調機器の場合:3年に1回以上

十分な知見を有する者(冷媒フロン類取扱技術者等)

点検内容例

昭和電機は下記のような点検を行っています。

熱交換器の腐食
熱交換器の腐食
熱交換器の塵や埃

熱交換器の塵や埃

点検の困難さ

点検の困難さ

室外機からの異音

室外機からの異音

冷媒配管の位置

冷媒配管の位置

オイル漏れ

オイル漏れ

冷媒配管の耐久性

冷媒配管の耐久性

昭和電機の空調機器メンテナンス例

昭和電機では空調機器のメンテナンスも行っています。熱交換器の洗浄やフィルターの洗浄等を含めた、空調機器の効率をアップのためのメンテナンスを行います。

熱交換器の洗浄①
熱交換器の洗浄①
熱交換器の洗浄②
熱交換器の洗浄②
フィルターの洗浄
フィルターの洗浄
ドレンパンの洗浄
ドレンパンの洗浄

空調機器メンテナンス一覧

No. 作業内容
1 点検・試運転・調整
2 エアコン洗浄 内機
3 冷媒サイクル関係 コンプレッサー四方弁交換
4 冷媒回路部品交換
圧縮機四方弁除く
5 ガス漏れ修理
6 真空引きガスチャージ
7 真空引き不要の冷媒回路調整修理
8 冷媒ガス
9 送風機関係 ファンモーター交換 内
10 ファンモーター交換 外
11 ファン交換
12 軸受交換
13 制御保護装置電気関係 ドレンポンプ交換またはドレンパン洗浄
14 プリント基板交換
15 リモコン交換
16 その他機能部品
17 その他調整修理

空調機器メンテナンスレポート

空調機器は日ごろのメンテナンスや、冷媒フロン管理が大切です。

製造年月日、型番、メンテナンス状況の管理が特に重要になります。

お問い合わせはお気軽に!

昭和電機株式会社のホームページをご覧頂きまして誠にありがとうございます。

栃木県の電気工事や空調工事、モーターメンテナンスの事なら昭和電機にお任せください!

0283-22-3166

営業時間:平日9:00-17:00(土日祝日除く)

eject TOP